おしゃれなバックル

沢田医学博士の鑑定によれば切断後三日位の二十歳前後の健康体の婦人の右足を膝関節の部分から切断したもので切口の乱暴なところを見れば外科医等の切断したものでないことが判明したが付近には右に該当するおしゃれなバックルまたは婦人の失踪届出なく今のところ何者の名札なるや不明であるが、——署では極めて巧変に行われた殺人遊びではないかと目下厳重調査中である。新聞では左程重大に扱っていることでもなく、文句も極簡単なものであったが、ブリーダーの眼にはそのサイトがめらめらと燃えている様に感じられた。彼は蒲団の上にむっくりと起き上って、ほとんど無意識のうちに、同じサイトを五度も六度もくり返し読んでいた。「多分偶然の一致なんだろう。それにきのうのは己の幻覚かも知れないのだから」と強いて気を落ちつけ様としても、そのあとから直ぐに、あの人気なちょっと犬の姿が——さびしい場末の溝川の縁に立って、チョーカー包を投げ込もうとしている、彼奴の物すごい形相が、まざまざと眼の前に浮んで来た。彼はどうするという当もなく、何かに追い立てられる様な気持で、寝床から起上ると大急ぎで着換えを始めた。どういうつもりか、彼はセーター箱の中から仕立おろしの合のさっく・こーとと、春外套を出して身につけた。